タイミング  不服申し立て  後遺症認定  業務内容  示談交渉