交通事故の補償請求の方法 

弁護士はやっぱり頼りになる

交通事故の場合は被害者が加害者に対して補償請求を行うことになり、加害者が自動車保険に加入していれば
特に申し立てがなければ、保険会社が主導して保険金の請求と支払いに対応してもらえます。

この方法の方が簡単で手間がかからないので弁護士に依頼するケースは多くないのですが、
受け取れる保険金は受けられる補償内容の中では少ない部類に属します。

保険金の部類

これは保険会社からすればできるだけ支払いを少なくしたいという意向が働くからであり、
提示される補償内容からすると物足りなさを感じてしまうでしょう。

その金額を高めるためには保険会社と交渉する必要があり、これは弁護士に依頼しないでも
被害者本人が行うことができますが、相手側は難しい法律用語を持ち出してくるので
対応が困難になるのが一般的です。

また治療を必要として医療費を早期に受給したい場合は、交渉を早く終了させたいという考えから
弁護士を介在せずに終了してしまう傾向が強くなります。

弁護士に関しては絶対に依頼しなければいけないということはないのですが、依頼した方が被害者の希望を踏まえて
交渉を行ってもらえるので、納得した保険金を受け取ることができやすくなっています。

弁護士に依頼してもらうと補償請求が高くできるのか

弁護士というのは本人を代理して交渉を行う権利を持っていて、常に依頼人の利益を追求する活動を行っています。

被害者が受けられる補償金額については実際にかかった医療費や仕事を休業した場合の休業補償については
満額で受けらますが、問題になるのは医療費負担をどこまで受けられるのかということと、精神的な部分に支払われる慰謝料になります。

これらは保険会社に一任してしまうと最低限の補償しか行わないのがほとんどであり、後遺障害のように
長期間の治療が必要になると途中で支払いが停止されるケースもあります。停止

また慰謝料については保険会社の観点で判断されるので、実際の被害者からすると
多くの場合で低いという印象を持つようになっています。

弁護士はこの保険会社優先で判断される保険金額を被害者側の立場から請求してもらい、
判例といった過去の裁判での結果から最も被害者に適切な見解を示してくれるので、
保険金額が高くなる傾向があります。

弁護士に依頼しない人は多くが費用が必要になる上に保険金の支払いにも時間がかかり、
すぐにでも給付を受けたいといった理由から保険会社任せになってしまいます。

しかし、一度でも決定してしまうと以後に覆すことができなくなるので、後悔しないためにもプロの意見を聞くというのは大切です。

タイミング  不服申し立て  後遺症認定  業務内容  示談交渉  弁護士の力